| Home  |  Visit  |  Comment  |  RSS  |  Top  |
<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
毛ガニ
a0019315_17243022.jpg北海道の友人夫妻から頂いた毛ガニ。
ただいま、自然解凍中。
処理の仕方わからん~!と駄々をこねたので、
茹でたものを送ってくれました。

日本酒もあるし。
甲羅酒するかのぉ~♪
あ、お酒、冷やしとこ~♪
おふたりさん、ありがとぉ~~♪
関西のうまいもん、今度送るね~♪


a0019315_17244483.jpg

[PR]
by harvestrain | 2005-07-29 17:27 | ◆気ままな写真館
びびつた!!
電車に乗っていたら、めっちゃ最近の子みたいな格好をした、
ややふくよかな後ろ姿の女性が乗り込んできた。

ジーパンに薄でのワンピ、上から白のカーディガン。

シルバーのチープなローヒールのサンダルに、軽めのアンクレット。

右腕にはマリンスポーツ系の木製のごついブレスレット他数本。

鞄は、ハイスクールスタイルなスポーツバッグに、
長さ10cm程度のキティちゃんとダニエルくんのマスコット人形、
ハワイアンな花の飾り。




典型的な10代のギャル系ファッション。




彼女が振り向いた。
え゛?






・・・。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-26 22:38 | ◆戯言の肴は日常
ぐぇっ。
就職探しながら、毎日キャリアナビで適性診断をやってみた。
4つの適性診断のあとに総合判断がでる。
そこで自分のウィークポイントとなる部分をピックアップしアドバイスをくれる。

まじめさ
  ええ、とてもてきとーな人間なんです。
  さりげなくトンズラします。状況さえ許せばフェードアウトするのは好きです。
  誠実さや忠誠心を体現したような人間にはなれません。
  まじめだから、仕事を完遂するわけじゃないです。
  汚点が残るのがイヤだから。それだけです。

粘り強さ
  飽きっぽいんです。
  スポーツで粘り強さを身につける事を勧められました。
  お勧めのスポーツは、マラソンや遠泳だそうです。
  絶対やりたくないスポーツのトップ3です。

現場管理
  めんどくさいことは嫌いです。
  とにかく、黙って言うこと聞いとけ、責任ぐらいは取るから。
  わかってます、リーダー向きじゃないことぐらい。
  ファーストポジションに興味はありません。
  適度に発言権のあるセカンドポジションの方がいいです。

コーチング
  結構ウザいです。
  自分の面倒は自分で見てください。
  誰かに育てられる事を期待するより、自分で成長してください。
  基本、ワンマンなんです。


こうやってみると、めっちゃ嫌なヤツに思えて、スゴク落ち込むんですけど。
最近は、自分の欠点や短所に落ち込むのもめんどくさくて、開き直ってます。
やっぱり、猫型なんです。好きなようにやっていたいんです。(ちょっと正当化してみる)

ていうか、仕事探しをすればするほど、自分が何をしたいのかわからん。
プロジェクトマネージャやSEやマーケティングなんて仕事もやってみたいけど、
経験として欲しいだけでこの先ずっとそれを生業にしていきたいわけではなく。

でも、得意不得意と出来る出来ないは別物なんだよね。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-25 16:28 | ◆戯言の肴は仕事
岸和田城
別の用事で南のほうへ下ったついでに、ぶらっと岸和田城へ。
夕方だったので中には入れなかったけど、本丸の周りの堀をぐるりと一周、散歩。
今度は、中に入ってみたいな。

a0019315_22214431.jpg


(1) 岸和田城の西南あたりから見た本丸。
ちゃんとしたデジカメ持って行けばよかった!

岸和田城の元は、正慶2(1333)年、
南朝の楠木氏の家臣・和田高家による。

岸に近い和田の城ということで
「岸和田城」と呼ばれるようになったとか。

当初は5層の天守閣で、天正13(1585)年、
秀吉の伯父小出秀政を城主としたのち、
城郭整備され、5層の天守閣が築かれた。



a0019315_22261092.jpg


(2) 城の北側方面から見た夕陽。
堀の水面に映る光が綺麗でした。
写真では小さく見えるのですが、
実際の太陽は、すごく大きく見えました。

実は意外と小さい。
周囲をぐるりと一周するのに、
のんびり歩いても15分程度。



a0019315_2227298.jpg


(2) 特に意味はなし。
何となく泳いでるカモを撮ってみただけです。
少し向こう側には、アヒルが一匹。



a0019315_22254760.jpg


(3) 城の北東側からみた天守閣。

当初の5層の天守閣は文政10(1827)年に焼失し、現在の3層の天守閣は昭和29(1954)年に岸和田市によって再建されたもの。



ちなみに、岸和田城の全容を把握する絵図は国立公文書館デジタルアーカイブから。

上の写真(2)は、絵図中央の本丸の上側(東)から下側(西)を見ています。
すぐそばに市役所があるのですが、市役所のある位置も昔は城の中だった模様。(市役所は、絵図中央の本丸から左側(北)の辺りにあります。)
堀が何重かになっていて、おもしろいレイアウトの堀の巡らせ方でした。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-23 23:03 | ◆気ままな写真館
りなちゃんって誰?
Subject : いいかげんやばいんじゃないの?
もう夏なんですけど・・・(@_@

やばいのではないでしょうか?わかってる?
このままではまたしてもあんたと二人でさみしーぃ夏になっちゃうじゃんよ。
もう何年目よ(-_-;;
せっかく人がやる気出してんだから、一緒になってがんばってよ~(涙
前言ってたのココ↓だからさっさと登録して、イイの見つけてよ!
http://□■□■.jp/?a002
ちょっと女の子が多くて苦戦気味だけどこっちは何人かピックアップ始めてるよ!
頼むから手ぶらでこちらの結果待ちとかしないでね!

あ、それと知り合いの男の子もちゃんとサイトに呼び込むんだよ♪
少しでも男の数を増やして競争率を減らさないとね・・・。
http://□■□■.jp/?a002
でもその子と「わたしが」いい感じになったときにはわたしがいただいてしまうからね(^^;
まぁ、それはしゃーないよね。

じゃあ、よろしくね。
マジ、頼むよ!!
少しでもわたしのこの危機感わかってね・・・。


さみしーぃ夏って。
残念ながら、相手すでにいるし。
ひとりぼっちで過ごす夏じゃないし。
君の危機感なんてサッパリわかんないし。
出会い系で何年も男あさってながら、
いまだに相手がおらんっての、どーなん?
相当に寂しい人生な気がします。

ていうか、どういう友達なんやろ。
こんなんに何年も付き合うなってーの。


もそっと捻りのきいた迷惑メールないもんかな。
どっか、マヌケな感じのばっかり。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-22 20:30 |    →迷惑メール PC編
オフィスから見える夕日
a0019315_20594061.jpg


どういう加減なのかわからないけど、
横にできた光の筋がピンク色です。

ビルの谷間から見える夕陽と
光に映える雲もなかなか綺麗なもんやなぁ。



a0019315_2101041.jpg


今のオフィスが入っているビルは、
タバコ吸う場所が階段の踊り場。
暑くて、もわぁ~んとした空気の中、
夕陽を見上げながらタバコふかします。



a0019315_2105225.jpg

同じ時間帯の東側の窓から見える
ビルの谷間。

真ん中に見えるのは、OAPです。

近所で7月24日、25日には
天神祭があります。

このビルの屋上からも天神花火が見えるんだよなぁ~。


[PR]
by harvestrain | 2005-07-21 21:06 | ◆気ままな写真館
【血液型TB企画 第10弾】 あなたは人の意見に左右されますか?されませんか?
明日 晴れるといいなのみにうささま宅の「馬耳東風」へトラバです。
あなたは人の意見に左右されますか?されませんか?

仕事とプライベートでは反応が違うのは、ワタシの基本ですが。
今回はプライベートに限って。



たぶん、されない。
なんてアヤフヤな。
というか、てきとー?

人の意見に、左右、

されてるのか、
されてないのか、
ときどき、
自分でもわからない時がある。

人の話を聞いてるようで、
人のアドバイスを求めているようで、
結局、自分の判断材料とは別の場所に隔離してしまう。

人の意見を聞くことは大事だ、と思う。
だから、意見は聞く。
というより聞いてみる。
「人の意見を聞くこと」を試してみる、
というのが正確なニュアンス。

でも、人の意見を参考にしてたら、
自分のアイデンティティに揺らぎを感じる。
その揺らぎが、メンタルの崩壊につながりそうで。

だから、結局、最後は。
自分の思い通りの方向に物事を運んでしまう。

不安感や怖れに対するただの自己防衛反応なのか、
根っからの猫な性格のためなのか、
きっと、隔壁が残ってる。

なんだか、極端な方向に話がいってる気がするけど、
いわゆる拒絶反応なのかも。

こんなん書いたら、数少ない友達がさらに減りそうだな。
てか、めっちゃ孤独な人間に見えるよ?
すげーヤなヤツに見える。
でも、これが今の私にできる最大限の妥協ライン。

ほんで、結局、結論はどっちなんだ?
Yes or Noの判定は、みにうさどんにまかせよう。(こらっ


フギャー。バリバリバリ。
わ、ふすまがボロボロ。
どうしよう。(ぉ
あ、見捨てないでぇっ。

で、ワタクシ、O型ですがなにか?
で、ワタクシ、猫型ですがなにか?(ぇ?


>> テンプレート
[PR]
by harvestrain | 2005-07-21 02:20 |    →みにうさ企画:血液型
バンゴハン
みみまるどんが、2Lの寸胴鍋に作った大量のカレー
たった
一人で

一人で


一人で


一人で


一人で!


平らげてしまったので、
オイラと彼氏の分がなくなったので(ぇ?)
悲しみ(T^T)にくれつつ、
自分でカレーを作りました。

本気で取りにいこうと思ってたのに!(笑)
次、待ってるね~♪(ぉぃ)


なのに、
いつもベースにしてる愛用のルゥとカレー粉がなくて、
仕方なく手元にあるのだけで作ったら、
「いつもより甘いなぁ」って言われたので、
お代わり分は、
カイエンペッパーとコショウで味を整えて出したら、
今度は、「辛いっ!!」って言われました。
ちょっと辛いだけなのよ、
食べた後にちょっとしてから、
口の中がすこぉ~しヒリヒリするぐらいなのよ。
ちょっとだけ、口をパクパクしてハァーってするぐらいなのよ?


味付なんて、そんなもんよ。
料理なんて、勘で作ってるんだから。...ヽ( ´ー`)ノトオイメ

注:これは愚痴ではありません。たぶん惚気です。ツッこまれる前に自爆しておきました。


でも、よくみたら、みみまるどん、この記事を2005-07-14 22:30にアップしてるのね。
私がコメントしたのは、2005-07-19 12:25
ずいぶん、タイムラグが・・・。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-20 13:44 | ◆戯言の肴は日常
パターナリズムとインフォームドコンセント
エキブロ・メディカルより「医療者のパターナリズム」に久々のTBです。


医者になることはありえない立場から正直な第一声をまず。

たとえ病気に罹った原因が自らの悪癖のせいであったとしても、
医者に「救いがたい連中」だとか、病気になって「当然である」とは決して言われたくない。
少なくとも、罹患した時点で医者に通っているのは、今、生きたいと願うからだ。
少しでも長く生きていたいと願うからだ。
そう願わなければ、大抵の場合は医者にかかることなどしないと思う。

悲しいかな、人間は失ってみなければ理解できないことや、
我が身に降りかからねば理解できない結果があることも事実なのだ。
特に「死」や「病気」は、目の前にぶら下がって、
自分の足下をすくわれないと実感のわかないもの。

私はそう思います。
割り切れといって割り切れることではないけど、それが現実なんじゃないでしょうか。

 一人でも多くの人の健康を願い、治癒を願い、日夜働いている医者からすれば、なんて無意味な事を!と思うのは理解できる。そのために死んだとしても、命を救えなかった事を医者のせいにするのは論外だ。はっきりと体に害があると警告されている事を知りながら、悪癖を絶たなかったことは患者の自己責任である。根本的なところを突き詰めたら、生と死の概念に対する考え方や捉え方の違いなのかもしれない。
 日々、人の命を預かり生と死を見、救いたいと必死に手を尽くしたのに救えなかった命を目の当たりにしている医者と、毎日、安全が確保されており食べるものにも困らず悲惨な体験もせず、恵まれた環境で生活している人とでは、当然ながら死生観に差が出る。命の大切さに気づくこともなく過ごしているように見えるのかもしれない。
 親が我が子に真っ当な道を歩むように、恵まれた環境で生活できるようにと願って、細心の注意を払い、献身的に育てたとしても、子供は必ずしも親の権威を認めるわけではなく、それに常に服従したり、親に全幅の信頼を抱き続ける保証もなく、子が親の思いを十分理解できるわけでもなく、親の願いどおりの順風満帆な人生を歩むとは限らないのと似たようなものではないだろうか。(もちろん医者に親と同じだけの献身的姿勢を求めるわけではないけれど)。

 医者がどれだけ最新の知識と技術と設備と献身をもってしても救えない命がある事を、患者が理解しなければならないのと同じく、医者も、どれほど手を尽くしても患者は常に医者の指示に従い続けることはなく、自らの体を常に労わり続けるわけではない。医者が患者の視点で物を考えてみること、患者が医者の立場で物を考えてみること、こんな感情移入や視点の変更は誰にでもできることではない。

 それでも、医者はこの世に「人」が存在する限り、なくてはならない存在だと思う。


-------------------------------------------------------


 ところで、パターナリズムという言葉にあまり馴染みがないのは私だけかしら?^^;
 以下、調べた結果を自分なりにまとめてみました。まだ、整理しきれていないので、間違いや語弊があれば、お気づきの方はコメントもしくはメール(左端メニューブロックの下の方にリンクがあります)などで是非お知らせください。

 元来のパターナリズムは、ヒポクラテスの誓いが元になっているといわれている。現代ではピタゴラス学派によってヒポクラテスの誓いが始まったと考えられているそうだ。



 パターナリズムとは、そもそも「父性主義」「父権主義」「温情主義」などの意味をもち、父親が自らを慈しむように子を慈しむ愛、それを何の疑いも抱かず受け入れる子供、という構図である。つまり、医者は自らの体を治療するように患者の最善を考えて治療に当たり、患者は医者に全幅の信頼を置き医者に身を委ねるという概念が、長い時代の間、常識的な医者と患者の関係であったことがうかがえる。もともとのパターナリズムには、現代においてイメージされるような傲慢さは存在しなかったのかもしれない。

 昨今の医療の現場におけるパターナリズムとは、インフォームドコンセントの対極に位置する言葉とでも言えばいいのだろうか。一般的な(?)イメージでは、このパターナリズムは、「患者は黙って医者の言うことを聞いておけばいい」という考え方を指すようだ。医者は患者に対して、自らに全幅の信頼を置く事を求め、医療方針に対する決定権や選択権を医者が持とうとすることをパターナリズム、医療方針に対する決定権や選択権を患者が持ち、医者には説明の義務を課す事をインフォームドコンセントといえばもっと分かりやすいかもしれない。ただし、本来そこには医者の傲慢や不遜な態度を許容する余地はなかったと思われる。



 ただ、このヒポクラテスの誓いが実践され始めた時代は、認知されている病気の種類や医療技術や治療方法ははるかに少なかった。それに対して現代は、あまりにたくさんの病気が存在し、非常に多くの治療法や薬が現存し、時には医療倫理に触れるとされることまで出来るようになっている。何も聞かずに医者に全幅の信頼を置いて治療方針や薬を任せるには、時代が複雑すぎる気がする。

 そんな時代背景に加えて、「自由」や「人権」を主張する事を覚えた人類は、医療に関してもその権利を行使したのがインフォームドコンセントなのかもしれない。でも、自らの命に対して責任をもてるのは、己しかいないのも事実だと思う。
 インフォームドコンセントを主張するにしても、パターナリズムを主張するにしても、医者の義務や責任だけではなく、患者の側の義務と責任も必要な時代なんだろうな。知らないから、わからないから、だけでは済ませられないのかもしれない。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-19 11:11 |    →エキブロ総合病院
自己完結型棚上げ駄文
Since 2004.5.11
検索
  猫、堕を貪る。
すっかり妻らしくなった
新妻Harvestrain
もとい若干古女房です。
いつのまにか、
年とともに、
打たれ弱くなったねこにんです。
モットーは、
気の向くまま。
風の吹くまま。
猫のまま。
頭は使うな、アホになる(ぇ

-------------------
twitter
日記
ブログ
技術メモ
-------------------
お問い合わせ・ご意見はこちら
メールを送る
-------------------
最新のトラックバック
裏バイト行ってきましたっ
from わたしのおナニー
バイト行って来たぞ
from わたしのおナニー
マジだ!どうしよう?
from 童 貞プレミアン
web 作成
from web 作成
★☆★今ビジネスは劇的変..
from 在宅ビジネス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヨコの会
◇◆◇◆◇
ブロガー互助連盟 ヨコの会本部
◇◆◇
加盟窓口はこちら
◇◆◇
第28独立小隊
吾輩は猫である?方面部隊
CELL725
-- サマーアイズ --
◇◆◇

共同戦線中。
◇◆◇◆◇
AX