| Home  |  Visit  |  Comment  |  RSS  |  Top  |
カテゴリ:◆戯言の肴は仕事( 45 )
年取ったなぁ
カテゴリの「戯言の肴は仕事」以下、
ずらずらと並ぶ仕事系の過去記事をふと読み返してみての感想。

うわー、尖ってる、めっちゃ尖ってるよ・・・トゲトゲしてる。
自分で言うのもなんだけど、コワイ・・・

自分で書いた記事に、自分でツッコミ入れたくなるような記事がタクサン。
うーん、若かったなぁ。
[PR]
by harvestrain | 2009-10-08 15:16 | ◆戯言の肴は仕事
ITmediaエンタープライズ:IT管理者が犯しがちな5つの過ち
 この特集の趣旨は、開発者というよりもシステム管理者が主人公なのだが、同じ事は開発者にも言えることだと思う。
 どちらかというと、IT管理者も当然ながら、経営者や管理職に読んでほしい気がする。経営者として、管理職として、これらの業務をこなす人たちをどのようにサポートできるのか、どのようにもり立てていくのか、その観点から読んでほしいと思った記事だ。
 開発者に置き換えて感想つきで。

ITmediaより。
ITmediaエンタープライズ:IT管理者が犯しがちな5つの過ち

過ち#1:事後対応のみで、事前対策なし
 事前対策、つまりリスクヘッジは、管理者として問われる資質の大きな部分を占めていると思う。起きうるリスクをどれほど想定でき、それに対してどれほど効率的で的確な対策プランを立てられるか。長く使えるシステムなのか、1、2年で取り替えなければならなくなるシステムかの差は、この時点でほぼ決まると私は思う。

過ち#2:ドキュメンテーションと訓練の軽視
 たまに、ドキュメントを書くことを時間の無駄だという人がいる。それが正しいとは思わない。
 多くの開発会社の現状は、開発ボリュームに対して非常にタイト過ぎるスケジュールや納期が押しつけられるため、ドキュメントを書いたり考えたりすることよりも、まず取りかからざるを得ない。必然的に、自分に与えられた期間と質を保とうとすれば、ドキュメントを揃えることの優先順位が下がりがちになる。
 ドキュメントが軽視されがちなのは事実だとは思うが、ドキュメンテーションの訓練と同時に、ドキュメントを作成することが開発業務の一部であること、そのための時間をとることが必須であることを、営業担当者や経営者そして何よりもクライアントに認識させること、コーディングと同様に業務フローの当たり前の手順とすることのほうが急務な気がする。
 システムエンジニアやプロジェクトマネージャーは、妙に中途半端な知識をつけたクライアントを教育することも念頭に置かねばならない時代なのかもしれない。

過ち#3:長所と短所の見損ない
 フリーでやってみて身に染みたことの一つである。開発者にとってもどのようなサーバ管理環境を客に選ばせるかは、一つの腕の見せ所だと思う。価格を気にするあまり安いところに飛びつけば、バックボーンが貧弱だったり、機器が古いものであったり、緊急時の対応体制がいい加減だったり、サポートの範囲が少なかったり。
 特に受託開発においては、開発関係者が引き続きすべての客の要求を受け続けるとは限らない。クライアントに見合ったサポートを与えてくれるホスティングやサポートレベルを維持してくれるところを選択するようにアドバイスすることもフリーで受託をする上では必要なことなのだと思った。その価格がいかに適正な価格なのかを、客に納得させること。客の選択なのだから一度痛い目に遭ってみればよく分かるだろう、なんて事を考えて引いてしまうと自分も痛い目に遭います。天に唾棄してるのと同じだと気がつきました。

過ち#4:やりすぎ、急ぎすぎ
 常々思うこと。システム移行だけは関わりたくない。移行するぐらいなら作り替えた方がまし。あくまで開発側のわがままですが。
 サーバ環境にしても、システムにしても、移行する方が高くつくようなシステムって、結構あるような気がするんだけど。

過ち#5:セキュリティは二次的問題
 こんなことを本気で言う開発者やシステム管理者なんているの・・・?
[PR]
by harvestrain | 2005-10-08 00:48 | ◆戯言の肴は仕事
コンパネってどうよ。
クライアントが選択した鯖屋さんが
管理用コントロールパネルを導入していた。

httpd.confなんかをいじって、/etc/init.d/httpdで再起動して。
よっしゃ、おっけぇ~♪ってウキウキして。
ほんで、コンパネで設定する事のできる別の項目を設定して、
コンパネのツールから再起動をかけると・・・

あ~ら、不思議。書き換えたhttpd.confの設定はチャラに。
サポートに問い合わせてもらったら、
ある名前で設定ファイルを記述して指定の場所に置けば、
その設定を優先してくれるらしいんだけど。

なんつーか。
めっちゃ使いにくいー。
コンパネの仕様としてはそれでいいのかもしれんけど・・・。
コンパネの動作とサーバの環境の整合を取るためには必要なのかもしれんけど。

MySQLを入れてるのだけど、なぜかコンパネのパスワードと連動してて。
コンパネのパスワードを変更したら、MySQLにWebから接続できなくなって。
mysqlユーザを別に作ってその権限でアクセスするしかないらしい。
(°◇°)~ガーン

なんつーか。
めっちゃやりにくい。
コンパネでサーバ管理なんてしたことねぇー!!

で、rootでお客が設定した事に起因する全ては責任を負わないらしい。
どこまでをコマンドでいじって良くて、
どこからをコンパネで管理せなあかんのかようわからんし。

ついでに、useraddは無効になってます。
なんか自分の中で把握してるLedHatとは設定ファイルの場所も違うし。
鯖屋さんによっていろいろとあるもんだなぁと思いつつ。
なんか、作りがイケてない気がするのはなぜなんだろう。
[PR]
by harvestrain | 2005-09-06 13:25 | ◆戯言の肴は仕事
うーん。
 前職に在職中は、仕事面でムカツク事はあっても、あまりストレスを感じているという実感はなかったんやけど、改めて、以前の記事を読み返してみるとなんかすごい。相当にストレスと鬱憤がたまってたんやなぁ、と再確認。ひたすら怒ってる怒ってる怒ってる!そばにそんだけ怒ってる人がおったら、「きゃーこわいーっ!」って逃げてるよな、自分。(笑)

 今は、アルバイトの身分でのんびりと、全然違う方面の仕事をさせてもらっているので、とても平穏な日々を過ごしてる気がする。今の社長は、前職在職中からいろいろ相談をしてたし、過激やった勤務状態とか、今の健康状態を話してて理解してくれているので、おかげさまで、やりたいようにやらせてもらってるのだけど。

 そろそろ、好意に甘えてるのも程々、マジメにせんと。。。(汗)
[PR]
by harvestrain | 2005-08-03 16:35 | ◆戯言の肴は仕事
ぐぇっ。
就職探しながら、毎日キャリアナビで適性診断をやってみた。
4つの適性診断のあとに総合判断がでる。
そこで自分のウィークポイントとなる部分をピックアップしアドバイスをくれる。

まじめさ
  ええ、とてもてきとーな人間なんです。
  さりげなくトンズラします。状況さえ許せばフェードアウトするのは好きです。
  誠実さや忠誠心を体現したような人間にはなれません。
  まじめだから、仕事を完遂するわけじゃないです。
  汚点が残るのがイヤだから。それだけです。

粘り強さ
  飽きっぽいんです。
  スポーツで粘り強さを身につける事を勧められました。
  お勧めのスポーツは、マラソンや遠泳だそうです。
  絶対やりたくないスポーツのトップ3です。

現場管理
  めんどくさいことは嫌いです。
  とにかく、黙って言うこと聞いとけ、責任ぐらいは取るから。
  わかってます、リーダー向きじゃないことぐらい。
  ファーストポジションに興味はありません。
  適度に発言権のあるセカンドポジションの方がいいです。

コーチング
  結構ウザいです。
  自分の面倒は自分で見てください。
  誰かに育てられる事を期待するより、自分で成長してください。
  基本、ワンマンなんです。


こうやってみると、めっちゃ嫌なヤツに思えて、スゴク落ち込むんですけど。
最近は、自分の欠点や短所に落ち込むのもめんどくさくて、開き直ってます。
やっぱり、猫型なんです。好きなようにやっていたいんです。(ちょっと正当化してみる)

ていうか、仕事探しをすればするほど、自分が何をしたいのかわからん。
プロジェクトマネージャやSEやマーケティングなんて仕事もやってみたいけど、
経験として欲しいだけでこの先ずっとそれを生業にしていきたいわけではなく。

でも、得意不得意と出来る出来ないは別物なんだよね。
[PR]
by harvestrain | 2005-07-25 16:28 | ◆戯言の肴は仕事
ディテール
細かい事にこだわるのは、時と場合によって良し悪しがあるのだが。

SEO(検索エンジンへのサイトの最適化)対策の一つとして
画像には適切なキーワードを含めた「ALT」タグをつけましょう。

ようは、IEでカーソルをあてると、ぺロッと文字が出るやつ。
画像表示をOFFにしている人や、テキストブラウザの人にも分かりやすいだけでなく、
検索エンジンのサーチ結果にも関わるタグのひとつ。


言いたいのはここから。

SEO対策のプロフェッショナルとおっしゃるそれなりに有名なある会社の自社サイト。
そういうからには、SEO対策も含めディテールにまでこだわりっぷりを発揮して欲しいところ。

なのですが、

各種お問い合わせ
という画像バナーのALTタグは
プライバシーについて
でした。


え?(°◇°)~


たぶん、コピペでページ作って、直し忘れただけなんだろうけど。
たぶん、売上とか利益からいうとそんなにたいした問題ではないだろうし。
たぶん、ホントにちょっとしたことで重箱の隅をつつく的行為なんやけど。
自分たちがする仕事のディテールへのこだわりがどれだけあるか。
良い意味でのプライドの問題なのかもしれないが。

そういうところに抜かりがでるようじゃぁ、ね?
[PR]
by harvestrain | 2005-06-20 15:02 | ◆戯言の肴は仕事
熱く語りまくる情熱家にはなれない。
ぶっちゃけて言うと、自分がこの4年間やってきた仕事は好きだ。
「ものづくり」をダイレクトに体感できる。
もともと、何かを作る事が好きな性格やから、
自分の自己満足や充足感をしっかり満たしてくれる。

マネジメント業務も、好きな方なんやと思う。
性格的には、向いてるほうやとも思う。
けど、当分、正社員での就職は遠慮したい気分。

リクナビに登録してレジュメを公開してるから、
それなりにスカウトメールはくる。
大小いろんな会社から来るスカウトメールで多いのが、
理想や夢や思いのたけを綴った内容のメール。

こういう会社を作りたい、
こういう職場を作りたい、
こういう仕事をしたい。

仕事において、そういう理想や夢は大事やと思う。
仕事に情熱も大事やと思う。
でも、熱く何かを語るだけの人を見ると、
何か一歩引いてしまう。
その情熱を持って、
実際に何かを成し遂げた人の言であれば
また違うんやろなと思うけど。

ある意味、前職場での体験に基づく自己防衛反応なんかもしれん。

けど、熱く語るだけで
それに具体性や結果が伴わないのを見てしまうと、
さらに冷めてしまう。

情熱がなくても、十分やっていけるけど、
情熱だけじゃ、やっていけない。
詭弁なんやろか。

てわけで、結局、スカウトメールのどれもこれも、
イマイチ、パッとしない気がしてしまうねんな。
[PR]
by harvestrain | 2005-04-30 23:33 | ◆戯言の肴は仕事
退職。
 結局、退職します。
 表向きの理由は、円満退社するために健康上の問題。

 自分のミスがトリガーとなったトラブルがあって以来、
 今こそすんなりと辞めるチャンスだと思って退職の意向を表明したのですが、
 退職が正式に受理されるまでには、予想外の引きとめがあったり、
 なんだかんだで無駄な時間を過ごした気がするけど。

 予想通りというかなんというか。
 本来ならば、4月1日から有休を消化できるはずだったんだけど、
 なぜか3月31日から4月1日の深夜に作業をするように言われ、
 そのまま貫徹して、22時近くまで待機という名称で会社にいざるを得ない羽目に。
 その延長なのかなんなのか、結局、今もって出勤してる。
 別にいいけど、これで15日にスコンといなくなったらどうすんのやろね。
 まあ、困るのはうちやないからええんやけど・・・。


 正直なところを言うと、この会社に愛想が尽きたというのが本音だ。
 同僚はすごくいい感じだ。この2年間続けられた一番の理由だと思う。

 でもね、会社って横並びじゃないから。
 縦割りがきっちりして初めて機能する船だから。
 縦割りの上が、正常に機能してないのに、縦割りの下が正常に機能するとしたら、
 それはそれで世界的に類を見ない新しい組織体制だ。

 仕事の能力的な問題だけならば、フォローをして盛りたてていこうと思える。
 でも、人間として、その人間性に対して、信用できない、信頼できない、尊敬できない人間がトップにいる以上、
 自分としてもその組織にとどまることは出来ない。
 その組織の一員でいたいと思えない。
 プライドが高い、お高く止まってる、何様やねんといわれたら何も反論できないけど、
 自分にとって曲げられない自分のポリシーだから。

 合理的に、時には冷徹に行かねばならないこともあるが、
 上の人間が扱っているのは、無機物じゃなくて有機物なんだ。
 物事にはバランスというものが存在する。
 マネジメントすることやリーダーであるというのは、人の心を扱うということでもある。
 マネジメントする人間にその能力が欠落していれば、
 しかも根本的問題がスキルや経験ではなく、人間性や価値観の問題だとしたら。

 上の人間には、もう少し、人を惹きつけることや、
 人を扱うこと、人を懐柔することを覚えてほしい気がする。
 社員が上に求めることは、「仲間」であることではなくて
 「リーダーかつマネージャー」であることなのだから。



 そんなこんなで、気分的に悶々とした日々はかなり通り過ぎました。
 スッキリしたわけではないし、納得いかないままの事柄も多いけど、
 今、目をむけた視線の先にあるべきものは、去り行く場所ではなく
 これから進む場所だと思うので、適当に時間をかけて消化しつつ
 先の事を考えようかと思っています。

 いろいろとご心配くださった皆様、本当にありがとうございます。
 何とか日々をこなしております。(笑)
 もう少しすれば、本格的に落ち着けると思います。
[PR]
by harvestrain | 2005-04-11 15:34 | ◆戯言の肴は仕事
退職
 いろいろ悩んだ末、退職を決意。
 理由は都合よく、健康上の問題で丸く収めることにする。

 退職の意向を表明したのは2月23日ごろ。
 案の定、毎度の如く1週間過ぎても何の音沙汰もない。本気でやめる気があると思っていなかったのか、まだ口先一つで何とかできるとたかをくくっていたのか。とりあえず、なんでも自分に都合のいいように物事を受け取り、歪曲する人なので、どないなっとんねん!と思い28日に、事業部長をつつく。「会社の規定どおり、希望日の1ヶ月以上前に話をしたので、ちゃんと対応してください」と。

 それから、慌てたのか、事業部長とリーダに呼び出されて引止めの説得があった。表向きは健康上の事情でそれもあながち間違ってはいないのだが、根本的な理由はそれ以外にあることは説明。
 その後、社長から話がしたいという旨の連絡があった。でもやっぱり案の定、社長が指定した期間を過ぎてもなんの音沙汰もない。期間を過ぎてからようやく話があった。しかも土曜日。えー!なんで土曜日にわざわざ会社に着てまでせなあかんの、と思いつつも、社長が忙しい身であることも承知の上だったので、土曜日に話をすることになる。

 思いのほか、引止めの話だった。意外。
 この期に及んで引き止めるとは思わなかったが。
 先だってに起きた大きなトラブルの直接的原因は自分のミスだったから。
 根本的なことも含め、全体を見直すと起こるべくして起きたミスやトラブルではあるのだが、とはいえ、トリガーを引いたのは自分だったことや、その後の社内上層部の態度が明らかに私への非難であったこと、それゆえの風当たりの強さなどを考えると、とてもじゃないが引き止めようなんて考えること自体、笑止千万である。

 社長がこれから私に任せたいと思っていたという仕事についての説明を聞きながら、ひとまずその日は、「考えさせてください」ということで話は終わる。その後、健康上の問題が退職の理由ならば、勤務形態や契約形態を考慮するからと申し出があった。
 仕事の内容は、「自社コンテンツのテクニカルディレクションをしてほしい」ということだった。ようは、プロジェクトマネージやシステムエンジニアの仕事である。企画をシステムに落とし込んだり、仕様を作ったり、設計をしたり、外注や開発人員の管理をしたり。仕事の内容としては拒否したいものではないのだが、自分の健康を考えた上で、適度な勤務環境が整うとはにわかには信じがたい。というより、そういう部分に関してこの会社のマネジメントや管理や行動力に関して、全く信用が置けないし、信頼も出来ない。それが一番の本音かもしれない。

 結局、断ることにした。

 今の健康状態で、先だっての案件のようにハードな激務をこなした上にマネジメントするだけの体力が今はないこと、この状況でその仕事を請け負うことは自分には出来ないこと、この会社では、今の体調で自分のする仕事の結果に対して責任は追えないこと、自分で仕事の質に保証がもてないことなどを理由に。
 社長も、当時の事業部長も、リーダーも、後になってからは口をそろえて、私の責任だけではなくほかの根本的に抱えている大きな問題があること、私に責任を問うつもりはないという意味合いの事を言いはしたものの、私は、ビジネスにおいては「覆水盆に帰らず」を適用したい。会社として、行った行動や言った言葉は、取り消すことの出来ないものである。その後のフォローは出来るかもしれない。が、今回、自分に関してはそのフォローは受け取るつもりはすでになかった。今更感漂いすぎ。
 そのトラブルの時、会社や上層部の私への扱いや態度を見ていたほかの社員が「この会社で失敗やミスをしたらそれは個人の責任として追及される」んだと感じていたことも事実で、その感じ方もあながち的外れではないことを、身をもって体験した以上、仕事は請けれない。

 この会社で労働した時間の最低でも3分の1は、ただ働き。この業界の中小企業にいれば、どこの会社に行っても大差はない。大差はないが、必死になって休みや睡眠を削ってした仕事のその後に、達成感や満足感があまりにもなさ過ぎる。下手したら社内の調整が悪すぎたため企画の段階でこけており、開発部門だけではどうにもならない原因で、開発したものの日の目を見ないものもあったり。

 ここに就職してよかったことは、スキルの向上を図れたことだ。
 それは前向きに受け止めさせてもらう。
[PR]
by harvestrain | 2005-04-11 14:41 | ◆戯言の肴は仕事
人員マネジメントのリスク
言った以上の事を出来てほしい。
1を言えば10を把握してほしい。

これは管理者として当然の願いかもしれない。
でも、裏を返せばこういうことである。

言った以下のことしか出来ないことがある。
1を言えば0.5しか把握できないこともある。

ここまで想定して対策を講じておいてはじめて、
リスク管理ができたというのではないだろうか。


人間はロボットではない。
自由に考え、自由に発想し、自由に行動できる。

これは、期待以上の事を生み出すということでもあるけれど、
期待以下のことしか生み出さないということでもある。

期待を裏切られることに耐え難い苦痛を感じるのであれば、
ロボットや機械に仕事をさせるべし。
[PR]
by harvestrain | 2005-02-06 16:01 | ◆戯言の肴は仕事
自己完結型棚上げ駄文
Since 2004.5.11
検索
  猫、堕を貪る。
すっかり妻らしくなった
新妻Harvestrain
もとい若干古女房です。
いつのまにか、
年とともに、
打たれ弱くなったねこにんです。
モットーは、
気の向くまま。
風の吹くまま。
猫のまま。
頭は使うな、アホになる(ぇ

-------------------
twitter
日記
ブログ
技術メモ
-------------------
お問い合わせ・ご意見はこちら
メールを送る
-------------------
最新のトラックバック
裏バイト行ってきましたっ
from わたしのおナニー
バイト行って来たぞ
from わたしのおナニー
マジだ!どうしよう?
from 童 貞プレミアン
web 作成
from web 作成
★☆★今ビジネスは劇的変..
from 在宅ビジネス
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヨコの会
◇◆◇◆◇
ブロガー互助連盟 ヨコの会本部
◇◆◇
加盟窓口はこちら
◇◆◇
第28独立小隊
吾輩は猫である?方面部隊
CELL725
-- サマーアイズ --
◇◆◇

共同戦線中。
◇◆◇◆◇
AX