| Home  |  Visit  |  Comment  |  RSS  |  Top  |
我が家の金木犀
フォトコンテストに応募してみました。
時を重ねて

23年前、今の実家のある家に引っ越してきた時は、
まだ、小さな庭の植木だったのに、
いつのまにか、主のようにでっかくなり。



#投稿作品
a0019315_15344250.jpg

貴方がいるこの家に引っ越してきのは小学校に上がる少し前。
貴方に出会ってから、もう23年経ちます。

昔の貴方のは、
子供の私がすぐ側でちょっと首をかしげて見上げれば
視界に入るぐらいの大きさだったのに、

今の貴方は、
大人の私がちょっと離れて首を真上に向けないと
視界に全部入らないぐらいに大きくなりましたね。

秋になると、花が満開に咲き、辺りいちめんに金木犀の香りが漂う。
貴方の放つむせ返るほど濃厚な香りが、秋晴れの空に華やかさを添えています。

何度も父に枝を刈られながらも、
いつのまにか、貴方は枝葉を思いっきり伸ばしてとても大きな木になり、
今では、2階の部屋の窓を開けると目の前に貴方がいます。

気がつけば、いつも秋の目覚まし時計は、
貴方の手に群れるたくさんのスズメたちが賑やかに語らう声。
昔は、この目覚まし時計がうるさくて嫌だったけど、
家を出てから数年が経ち、久しぶりに帰ったこの日は心地よい目覚ましでした。


a0019315_15345667.jpg

私も、大人になり、
両親も、年を取ってちょっとか細くなり、
祖父母も、さらに年を重ねちょっと弱々しくなり、
貴方も、我が家の庭の主として立派な貫禄のある姿になり。

今では、貴方の下から見上げた木漏れ日の差す景色が
なんだか懐かしいような、ホッとするひとときをくれました。

あれから、また数年が経ちます。
そろそろ、夫を連れて貴方に会いに行きます。
それまで、元気でいて下さい。
[PR]
by harvestrain | 2006-02-24 16:04 | ◆戯言の肴は日常
<< 群集心理 愛の肉弾戦? >>
自己完結型棚上げ駄文
Since 2004.5.11
検索
  猫、堕を貪る。
すっかり妻らしくなった
新妻Harvestrain
もとい若干古女房です。
いつのまにか、
年とともに、
打たれ弱くなったねこにんです。
モットーは、
気の向くまま。
風の吹くまま。
猫のまま。
頭は使うな、アホになる(ぇ

-------------------
twitter
日記
ブログ
技術メモ
-------------------
お問い合わせ・ご意見はこちら
メールを送る
-------------------
最新のトラックバック
裏バイト行ってきましたっ
from わたしのおナニー
バイト行って来たぞ
from わたしのおナニー
マジだ!どうしよう?
from 童 貞プレミアン
web 作成
from web 作成
★☆★今ビジネスは劇的変..
from 在宅ビジネス
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヨコの会
◇◆◇◆◇
ブロガー互助連盟 ヨコの会本部
◇◆◇
加盟窓口はこちら
◇◆◇
第28独立小隊
吾輩は猫である?方面部隊
CELL725
-- サマーアイズ --
◇◆◇

共同戦線中。
◇◆◇◆◇
AX